2009年06月17日

VS天翔記


東西戦昨日の相手は、





烈風伝を倒し、





暫定最強サーバーとなった天翔記。





まあ相手がどこであろうと関係ない。










印ください( ̄▽ ̄)










てことで徒党結成!





既に、





門前封鎖に近い状態になっており、





徒党やらソロやらがうじゃうじゃいます。





獲物いっぱい(・∀・)





もちろん狙うは・・・





ソロプレイヤー( ̄▽ ̄)





なんせ印は1人倒して1個。





頑張って7人徒党倒して7個。





7VS7を長時間かけても、





ソロ瞬殺を7回やっても一緒なんです。





ならどっちを選ぶかは決まりますね!?





てことでソロをぱっくりGETしていったわけですが・・・





流石最強サーバー。





すぐに徒党来て逆ぱっくり( ̄▽ ̄;)





でも、





7来たら逃亡です( ̄▽ ̄)





そんなせこ技をくりかえし、





頑張って30個貯めて終了。





途中ラグのせいでがっつり7VS7をやるはめになり、





時間食ったのが痛かった(ToT)










ところで・・・










信onブログリーダー経由で、





天翔記の方のブログ読んだのですが・・・





なんでもレベル1のプレイヤーが天翔の私設にいて、





スパイ行為を働いていた疑いがあるらしいとのこと。





たくさんのプレイヤーが私設におられたという点から、





おそらく事実なんでしょうねぇ。





ただ・・・






攻めこもうとした陣に





大挙としてPCが待ち構えていたとも書かれていまして・・・





そこは少し疑問が残ります。





もしそのスパイ情報を頼りに防衛体制を敷いていたというなら、





もうそれは組織ぐるみ(群雄全体)での犯行なわけで。





「どこそこ向かった!」





って聞いてからでは間に合わないことが多いから、





事前にどこ行くかっていう情報が





だだもれだったってことになりますよね。





それは流石にないと思うのですが・・・





事前にそんな情報流すヤカラいたら、





それこそ身内に疑われるんじゃないですかね?





個人的にスパイ行為をやっていた可能性は否定できませんが、





群雄伝全体の行為みたいに思われてしまうのは遺憾です。





遺憾だけに、





スパイ行為はいかんいかん。





おあとがよろしいようで・・・





本日はこのへんで!
posted by 坂田めぐみ at 23:50| 大阪 ☀| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちなみに。
序盤のゴールデンの鯖対抗にしか参加できず
知りませんでしたが

 ソロ1人=印1つ

というのは、鯖対抗の場合に限るようです。

先日、17時までやってる日中や26時以降の
ど深夜に参加して、徒党の殴り合いを体験したら

 混戦の印=味方人数+落とした相手の数

となるそうです。

なので、ごちゃ混ぜ徒党7人で3人4人とか叩いて
救援!でも入ってきて、落としまくると
あっという間にザックザク貯まりますよ^−^
Posted by かいちょ at 2009年06月18日 02:59
公明党の、いかんざきってのを思い出しました
Posted by ものぐさ小太郎 at 2009年06月18日 09:29
公明党の、いかんざきってのを思い出しました
Posted by ものぐさ小太郎 at 2009年06月18日 09:29
ずっこい行為全般にいえることだと思うけど、
自分がしてるか、またはしたいと思っていて、うまくできない人が一番騒ぐんだよねw
 
ゲスの勘ぐり、イケズの邪推、気にしないのが一番です。
しゃくにさわるのもわかるが。
 
それにしても、天鯖強かったねー
なんて言うか、無駄のない迅速な動き
一人一人が自分の仕事をよく判っている感じがしました。
人望のあるまとめ役がいて、上手なんでしょうね。

それに比べて、嵐は、ゴホゴホ..
 
 
Posted by やさつき at 2009年06月18日 12:56
>会長さん

混合戦出たいのはヤマヤマなんですけどねぇ。
時間帯が ((+_+))


>ものぐささん

わかりません^−^−^


>つきさん

人数差すさまじかったですね。
仕様だからしようがない。
Posted by 坂田めぐみ at 2009年06月18日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]