2009年04月08日

かわらでわからい


回文ではありません。





信長には漢字の名前の敵が多く、





私の場合、





勝手に読み方を決めていることが多いです。





黒雷は、





「こくらい」





と呼んでいましたし、





伏雷は、





「ふせらい」





と呼んでいました。





析雷はよく、





折れるの「折」と間違って、





「おれらい」





とか、





「せつらい」






なんて呼んでる人もいたとかいないとか。





私はその風貌からさらに進化させ、





大槻せつらい





なんて呼んでいました。





そして若雷はもちろん、





「わからい」





ですね?





要するに今日のタイトルは!





瓦で若雷行ったってことでした(・∀・)










kawara.jpg










破紋両断中のめぐみさん。





PCのSSは今更ながら美しい・・・





本日はこのへんで!
posted by 坂田めぐみ at 22:45| 大阪 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
では不落々々は何と読んでたんですか?
Posted by 八丈島 at 2009年04月09日 00:39
>八丈島さん

考えたことなかったですが・・・w

ふらくらくらくかな^−^?
Posted by 坂田めぐみ at 2009年04月12日 11:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]