2009年02月21日

極みからか陽動からか


凶変イザナミ雑魚狩りでの出来事。





これまでの経験から、





盾鍛冶さんには開幕極みからお願いしてきました。





敵の攻撃、





ゴリポンくんはたいてい、





詠唱、金縛り、召雷





あたりをしてくるので、





5体なら3発程度殴られることになり、





7体だと5発程度殴られることになります。





警護は3回までの発動ですので、





5体だとほぼ漏れませんが、





7体の時は漏れる危険性がアップします。





一所懸命で全部釣れれば問題ないのですが、





先日より何度もお伝えしておりますように、





覚醒上げても釣れません( ̄▽ ̄)





ではなぜ極みからなのか。





陽動や怒号で全体を釣ればいいのではないか?





となるわけですが、





一所+陽動でも、





全てを釣れないことはよくあります。





陽動で鍛冶さんがゴリポンくんを釣ってしまった場合、





金縛りが鍛冶さんにいきます。





金縛りは守護できないので、





鍛冶さんが痺れると漏れる確率が上がり、





おんもさんに漏れて痺れますと





殲滅に時間がかかり、





危険な状態に陥るわけです。





極みから入ってない場合、





痺れた状態で殴られますと、





ダメージは大きく、





持たずに死ぬこともあります。





元々やられる前にやる戦術ですので、





死ぬと蘇生できずに終わることになるわけです。





これを防ぐためには・・・





やはり極みからだと思うんですよね。





あ、もちろん軍学さんが盾なら事情は変わりますが!





先日、





野良で参戦された鎧さんにも極みからお願いしたのですが、










鍛冶さん「ほむ










納得されていない様子。





案の定、





何戦かすると陽動からに切り替え始めました。





あえて改めてお願いはしませんでした。





極みから入っても





鍛冶さん痺れたら漏れますしね。





陽動から入るとどうなるか、





身を持って体験していただこうじゃないか!





と、





思っていたのですが、





全体麻痺も来ず、





サクサク( ̄▽ ̄)





2回ほど漏れましたけどね。





これだともうどっちがいいのやら・・・





てことで、





もう鍛冶さんにお任せってことで、





昨日は鍛冶さんには何も言いませんでした。





すると陽動から入られる鍛冶さん。





一般的には陽動なのかなーとか思っていますと、





全体麻痺やら、





金縛り鍛冶さん直撃やらで、





最初からgdgd・・・





結局極みからにしてもらいました。





まあ結論としては。





5体は陽動。





67は極みから!






が、





私の構成にはベストぽいです!





本日はこのへんで!
posted by 坂田めぐみ at 23:53| 大阪 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
極み無しでもある程度耐える自信がある鍛冶なら
陽動でいいけど、うちの鎧みたいに微妙なのだと
やっぱり極みから入りたくなりますね。
まあ私がやる場合は自分で軍も出すんで前提条件
が違いますが。
Posted by セフィーロ住人 at 2009年02月22日 20:41
>セフィーロさん

全体麻痺のことを考えると、
いかに硬い鍛冶屋さんでも、
極みからがいいような気がしますね。

そういった意味で、
凶変は軍学さんが向いているってことですね(>_<)
Posted by 坂田めぐみ at 2009年02月23日 00:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。