2000年01月01日

星野B2Fボス

順 番  2 1 5 4 7 6 3


ボス構成


1侍 準備なし全体と、僧兵連撃風の攻撃が極悪
2鍛 鬼守護、物理効かない
3陰 呪霧・術
4巫 うざい神職技能連発
5僧 後光、冥護
6忍 とにかく痛い&遁術
7薬 回復・蘇生


攻略法





鍛冶屋は、極みから1と6を固定がメイン。
武士道は、滅却から一所・挑発で1と6を固定がメイン


物理アタッカー


武芸・暗殺は、開幕看破から。
その後、2が落ちるまではサポに専念。
詠唱はすぐに消しにいき、詠唱つきの状態で術持ちNが行動入力したら、
ダメモトでみねか痺れをもう1人の物理アタッカーに依頼し、自分は看破へ行く。
2が落ちたら、1をタコ殴りしつつバー警戒。
詠唱時の対応は、上記に同じ。
特に、1は詠唱がつくと即蘇生に行く可能性が高いため、
反撃覚悟でみねか痺れを。
暗殺は、反撃回避を入れて一刀で行くのもあり。
2と1が落ちれば、後は雑魚。
ただ、6はものすごい回避性能を持ってるので、6は陰陽さんに任せましょう^−^


術アタッカー


開幕から、とにかく術力をアップして2を落としにかかります。
2を落とせば、次は1へ。
どんどん、ヘイトが上がるので結界は欠かさずに。
2と1が落ちれば、物理アタッカーと連携取りつつ残りを掃除しましょう。


沈黙サポ


1の準備なし全体は極悪です。
1に沈黙粘着を!
そして、その沈黙を妨害するのが5の後光。
開幕からは、1と5に沈黙粘着しつつ余裕があれば4にも沈黙を入れましょう。
後光が通ってしまった場合は、1に痺れ粘着。
とにかく、1に何もさせないことが勝利の秘訣です。
後半、余裕が出てくれば忍者なら滅殺でアタッカーも兼ねるなどもいいですね^−^


サポ僧
B2Fボスで、真価を発揮できるのは密教さんです。
菩薩を入れながらも、孔雀を定期的に入れて嵐のような術攻撃を無効化しましょう。
仏門さんなら、普段のボス戦と同じような行動となります。
冥護を定期的に入れながら、全体回復がメインになると思います。


神職・薬師


通常のボス戦と、同じような戦い方になると思います。
【関連する記事】
posted by 坂田めぐみ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | ボス戦攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]