2009年03月09日

補足文

予想外に、





大きな反響のあった前々回の










「いいですよ」










コメントも多数いただいたのですが、





最後の方の名無しさんの内容に気になる記述がありました。










「補足文は行ける所を書いているのであって、
  行きたいと切望している所を書いているのではない」










というもの。





補足文の位置づけについては、





何やら公式でも意見が分かれていたとか・・・





補足文って何のためにあるのか?





そう考えれば、





答えは自ずと出てくるのではないでしょうか。





紹介文は、





タゲらないと見ることができませんが、





補足文は検索すれば見れるわけで。





そういった意味からして、





補足文っていうのは、





何の補足かというと、





党員募集や勧誘希望、





はたまた買い取り希望などの、





状態表示に対する補足だと思うわけです。





であれば、





勧誘希望を出す場合は、





自分の行きたい所、





誘ってほしい所を他の人に伝えるために、





コミュニケーションツールとして





使用するものであると思うんです。





それならばですよ?





勧誘希望を出していないのならばいいですが、





勧誘希望を出した時点で、





やはり補足文には行きたい所を書くのが





普通じゃないでしょうか。





党首は補足文を参考に声をかけるわけで、





補足に書いてある内容で誘ってもし断られたら、





なんで?





って普通なると思うのですが・・・





例えば、





勧誘希望出してる人の補足文に、





府内1〜と書かれていたとして、





府内1〜で誘ったとします。





すると、










「今日は佐賀行きたいんですみません」










って断りの返事が来た場合、





補足文に行ける所を書く派の方は、










「あ、そかそか、府内1〜は行けるだけで行きたくはないのね。」










と納得できるってことですよね。





私的にはありえないのですが・・・





もうそうなったら価値観の違いですね・・・





どうやったって交わることのない価値観。





いろんな人がいるんだと





納得せざるをえないかなと思いました。





補足文には行けるとこを書くんだとなれば、





こないだの









「いいですよ」










は成立しますね。





だって別に





行きたいとこじゃないとこに誘われたんだもの。










「いいですよ」










って言っても不思議ではない。





補足文に行きたいとこを書いてるわけではない人がいる・・・




その時点でもうスレ違ってしまってたってことですね!
posted by 坂田めぐみ at 23:56| 大阪 ☔| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。