2008年12月01日

少年法について熱く語ろうか


千引きで、





毎日クエの敵を追い求めて走り回っていますと、





何と言いますか、





切な〜い気持ちになってしまうのは私だけでしょうか( ̄▽ ̄;)





もう走り回らずに、





一箇所安住の地を決めて、





その周辺の敵を狩るのもオツですけどもね。





オツじゃない、





乙ですか!?





まあ、





そんなこんな言いつつですね、





日々いろいろな出来事が起きているわけで。





リアルでなんですが、





ちょっとトラブルに巻き込まれていまして。





ある窃盗事件なんですが、





こちらは被害者で、





加害者は中学生数人。





少年法に守られているため、





損害賠償はその親ってことになるのですが・・・





その親が何にも連絡してこないのです。





少年達は、





警察のごやっかいになっています。





だから、





賠償問題から逃げることはできない。





なのに、





被害者に詫びの一言もなく、





もう2ヶ月は経過しようかってなくらいです。





どういうつもりなんだろうか。





子供が他人様の物盗んで、





警察ざたにまでなっているのに、





相手に対してまず謝罪だけでも・・・





ってな気持ちにはならないのだろうか。





このままアクションなければ、





最悪裁判てことになるわけですが、





どうあがいたって損じゃないですか、




向こうにとってはね。





示談金以外に裁判にかかる費用まで向こう持ちになるんですよね。





わけがわからない。





こちらが泣き寝入りすると思っているのだろうか。





まあそんなトラブルにあってかわいそうだと思った神様が、





毎日クエ報酬の宝箱から竜の涙をくれました(・∀・)





これを糧に、





また頑張りますね(^∀^)ノ





本日はこのへんでo(≧∀≦)o

posted by 坂田めぐみ at 23:00| 大阪 | Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする